杞憂、はたまた核心。

思考の嗜好性を垣間見せ

主張の重要性。

みなさん、自分を主張することは得意ですか? 日本人は特に自己主張が苦手な民族だと言われています。 思いやり?協調性?人の気持ちを考える? そういったことを学校で嫌という程、刷り込まれてきたかと思います。 他人の気持ちを汲み取ることは美徳である…

国民総情報弱者時代。

なかなか攻め込んだタイトルだが、僕は喫緊の課題であると思っている。 そもそも、情報弱者とはどのような人のことを言うのか。 情弱(じょうじゃく)はもともと「情報弱者(じょうほうじゃくしゃ)」の略称だが、この意味で使われることは少なく、インターネ…

AITOWA

前回は「恋愛」について書かせてもらったが、皆さんの期待に応えることはできただろうか。 個人的には、当初書こうとしていた「恋愛」の価値・テクニック(?)のようなものに全く触れられなかったので、少々不完全燃焼気味ではあるが、それ以上になかなか面…

結局「恋愛」なんじゃね?

さて、今回はBooks reviewとは別の記事を…。 実際、このままひたすら本の紹介だったら見る気も失せるでしょうしね。 というわけで、この世に生を受けたからには、皆さんの関心ごとのひとつである「恋愛」について一筆取らせていただく次第でござる。 いつも…

書は捨てず、街に出る。

最近読んだ本紹介Part2! Part1はこちら! xizxsaxixyoxa.hatenablog.com 前回は「嫌われる勇気」を紹介させてもらった。今回紹介するものもほんとは前回にまとめようかと思っていたのだが、量が膨大になる上、まずは「嫌われる勇気」という本に向き合ってか…

書から学ぶ、現実。

最近、知人にオススメの本を聞かれた。僕もそこまで本をたくさん読んでいるわけではなく、また、どのような本を求めているのかわからなかったので、あまり詳しく答えることができなかったが、せっかくなのでこの機会に僕が少なからず影響(?)を受けた本を…

東京。

いつも、よくわからない話をされて、このブログを見ることへの意欲が削がれている方々、多数いらっしゃるでしょう。申しわけない…。 今回は方法論ではなく、ただただ行ってきたよ、そして、何を思ったかを書くので、割と普通のテンションで読んでいただける…

真実の必要性。

真実とは。 嘘やいつわりでない、本当のこと。まこと。真実は事実と同様で、皆が一致する一つの場合もあり、人それぞれに複数存在する場合もあるが、一般的には、他者との関係性を前提に社会で合意して共有できる皆が一致する、より公的で社会性を有する事柄…

Share the World.

この世界で生まれたものは常に共有され、改良され続けている。全てのものが繋がり、それらを組み合わせ、また新たなものが誕生する。 それは遥か昔から行われていたことであり、特に日本という国ではそれが顕著である。は しかし、情報化が進み、世界のどこ…

変容と繋がり、経験の意義。

最近、体験や経験に対しての接し方や価値観が変わってきた。 以前であれば、体験や経験にそれほど価値を感じることがなく、ある程度のことは情報で賄えると思っていた。例えば、煙草を吸うと肺がんや疾病のリスクがあがるということは、実際に体験しなくても…

雨と無知と温故知新。

はろー。いかがお過ごしでしょうか? 毎日天気が良くていい気分だけれど、とうとう明日天気が下り坂みたいだね。梅雨のシーズンホント勘弁してくれよ。 晴れていたら出かけて写真を撮ったり、陽気を感じたりいろいろできるのになあ。 しかし、そもそもなんで…

長くなったが最終章…。(ヒッチハイク最終日)

またしても更新期間が長くなってしまったぜ…。 1つの記事がバカみたいに長くなってしまうから、億劫になってしまった感が否めない…。 申し訳ございませんでした!! というわけで、春休みに行ったヒッチハイクの記録、最終章!完結編です! いや〜、長かっ…

旅の記録はプライスレス(ヒッチハイク二日目編)

ご無沙汰しております。前回から大変時間が空いてしまいましたが更新させていただきます。 前回、ヒッチハイクについて書いたのだが、予想以上に書く内容が多すぎたので、やむを得ず三部作になってしまいました。今回はその第二部です。 上中下でいえば「中…

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。(ヒッチハイク一日目編)

今年度もあと一日で終わり。新社会人を控えた学生は最後の悪あがきでenjoyしているのかな?就活の大学生もいるでしょうね。頑張ってください。 それらとは無縁のパリピ大学生。羨ましい!!遊べるうちに遊びまくってくれ!! 高校生なんかも部活に打ち込んだ…

無知と神と宗教と。

宗教、日本人には馴染みのないものである。 斯く言う私も宗教に詳しいわけでは無い。 大体の人は「よくわからないけどなんだか危険なもの」や「信者が怖い」などという印象を持っていることだと思う。 しかし、その感情こそ宗教が産まれた理由なのかもしれな…

教育の本質とはなんたるか。

私は現在ひょんなことから公立中学校で働いている。 一応「先生」と呼ばれる立場なのではあるが、実際に授業を行ったり、校務分掌を行ったりしているわけではなく、他の先生に比べ、どこか一歩引いた視点から教師をさせていただいている。 かねてから教師に…